ご挨拶 | プラスチックの総合商社~ワイコム株式会社

国産ナフサ価格
69,063 ¥/KL
4月前半入着分

更新日2024年02月07日

ご挨拶

【感謝】ともに次の100年へ
ワイコムは100周年を迎えました。
荒木 俊昭

信頼を糧に、次の100年も
社員の幸せ、社会に貢献

代表取締役社長 荒木 俊昭

Coporate Philosophy

企業理念

社員の幸せを通して社会に貢献する
全ての社員に心豊かなくらしを実現し
企業活動を通じ社会経済の発展に貢献する

行動指針

  • 『感謝』思いやりの心と謙虚な姿勢で行動します
  • 『誠実』率先垂範し誰よりも信頼されるパートナーを目指します
  • 『挑戦』組織や立場を越えて協働し新たな価値創造を実現します

人のつながりに支えられて
創業100周年

2022(令和4)年12月、当社は創業100周年を迎えました。社名の「ワイコム」は、初代社長の山田藤一のイニシャル「Y」を由来とし、これまで6代にわたって事業を受け継いでまいりました。当社の1世紀に及ぶ歩みは、お取り引きくださったお客様、仕入先様、協力会社様のご厚誼と、また諸先輩方や現役社員の不断の努力の賜物以外の何物でもないと、これはもう感謝しかありません。創業からの100年間、事業を通じて信頼と実績を積み重ねてきました。この「人と人のつながり」に感謝の念を強くするとともに、これを次の時代にどうつなげていくかということが経営者としての私の仕事だと考えています。

変化する環境の中で
新しい価値を創造する

2020(令和2)年の春には当社もコロナ禍の影響を受け、自宅待機やテレワークを実施し、社員の安全を守りつつ事業を継続させることに腐心しました。この期間、営業職はお客様との対面での商談が制限され、当初は苦戦しました。お客様の本音のお困り事を引き出すのが営業の仕事ですが、オンラインではこれは極めて難しい。その一方、社員の働き方や社内システム、今後の事業展開など、コロナ禍は当社の成長戦略について改めて深く考える機会となり、ウェブ会議は情報共有のためのツールとして定着しました。加えて、当社を取り巻くビジネス環境は近年、大きく変化しています。世界的な脱プラスチックの潮流の中、これまで取り組んできたビジネスのあり方を見直し、新しい付加価値を生み出す企業への変化が急務です。お客様に新たな提案をするには、お客様の先にいるお客様が何を求めているのか、「B to C」的な感覚が必要です。当社は、お客様のあらゆる“ハテナ”に応えられる企業、つまりお客様のお困り事を引き出し、解決する「付加価値創造企業」を目指します。お客様の課題解決のために、同業他社との連携や異業種間の情報交換など、より視野の広い活動を始めています。つながったみんなが共存共栄できればよい、という考え方で、これも環境変化のひとつの表れであり、これは今後も続けていきたいと思います。

ワイコム流
「暮らしをプロデュースする」企業へ

荒木 俊昭

当社の経営理念をわかりやすく、かつ社内に浸透させるために、最近よく口にするのが「社員の幸せを通して社会に貢献する」です。全ての社員が心豊かなくらしを実現すること、これを可能にする企業活動を実践し、ひいては社会経済の発展に貢献する。物心両面の幸福追求とも言えますが、これは社員の成長を会社の成長とイコールにすることだと私は考えています。現在、当社では新しい評価制度やオフィスのリニューアルのほか、マーケティングや人材育成プロジェクトなどに社員とともに取り組んでいます。これらは新しいビジネスを生み出したり、社員を成長させる「場」づくりでもあります。会社が提供できるのは、社員のみなさんがより良く仕事をするための「場」や「仕組み」です。これを活用し、ワイコム流の新しい仕事が立ち上がることを期待しています。次の時代を生き抜く新たなアイデアが生まれたり、旧来の枠組みを超えて広く連携し、ビジネスを横に広げたりするイメージを持って自発的に取り組んでほしいと思います。大日本セルロイド株式会社(現・株式会社ダイセル)の特約代理店としてスタートした当社は、取り扱う商材を広げながら、化学の専門商社としての独自のポジションを築いてきました。その中で培った信頼と実績を武器に、さらに広く「くらしをプロデュースする」存在であり続けたい。全員で力を合わせて実現します。